Top > 大会結果 > 2022年第2戦

大会概要

2022年度第2戦が4月10日に開催された。3月下旬からワカサギパターンが機能しはじめ、春爆なんていう言葉も聞こえ始めた相模湖。大会開催週から気温が上昇し始め、大会当日は初夏を思わせるような一日となった。大会当日の釣果も期待されたが、蓋を開けてみればウェイイン率18%と、期待外れな釣果となった (それでも昔よりは全然釣れてます!)。優勝したのは、昨年も春に2勝をあげ、春が得意な印象がある田中選手。プラクティスから川筋に狙いを絞り、サイトフィッシングを中心に5,630gというビッグサックで今年も優勝した。2位の加藤選手は、国道下ワンドでの表層ワカサギパターン。3位の宇佐見選手は勝頼のピンでディフェンス?に徹して3位に入賞した。

上位入賞者コメント

優勝 田中龍季 選手

田中龍季
エリア 弁天上流下流 吉野
ルアー レインボーシャッド サイコロラバー ツーウェイ
釣り方 表層ノーシンカー ダブルネイル

準優勝 加藤隼斗 選手

加藤隼斗
エリア 国道下ワンド
ルアー トラファルガー5
釣り方 表層

3位 宇佐見素明 選手

宇佐見素明
エリア 勝頼
ルアー サイコロラバー スイングインパクト
釣り方 ノーシンカー ライトキャロ

フィールド状況

  • 天候:晴れ
  • 水温:12℃
  • 水位:-1m
  • 水質:クリア

データ

  • 参加者数:69名
  • 検量人数:13名
  • 検量率:18%

順位

順位 氏名 重量
1 田中龍季 3 5,630 g
2 加藤隼斗 3 3,610 g
3 宇佐見素明 3 2,395 g
4 渡辺太樹 2 2,205 g
5 原田倫行 1 2,080 g
6 小鮒知博 1 1,550 g
7 佐々木稔 1 1,515 g
8 古沢樹平 1 1,395 g
9 福永悠野 1 1,030 g
10 加藤伸吾 1 965 g
11 岡部竜之介 1 850 g
12 穂積繁 1 850 g
13 古沢勝利 1 835 g
河野元彦 0 0 g
近藤卓人 0 0 g
岡部貴幸 0 0 g
清田歩 0 0 g
千田隆喜 0 0 g
田村昌也 0 0 g
峯村祐貴 0 0 g
山城陽介 0 0 g
桜沢敬樹 0 0 g
渡辺元輝 0 0 g
井上大輔 0 0 g
小関亮 0 0 g
波瀬崎健太 0 0 g
渡邊和哉 0 0 g
池谷直人 0 0 g
恩田祐希 0 0 g
松井孝哲 0 0 g
船橋和美 0 0 g
平山智 0 0 g
木戸啓太 0 0 g
渡辺晋 0 0 g
川島勇太 0 0 g
杉山敬史 0 0 g
坂本礁太郎 0 0 g
佐藤幸司 0 0 g
間部雄介 0 0 g
富沢直明 0 0 g
山田毅 0 0 g
釣りハジメ 0 0 g
大隈正道 0 0 g
高橋百広 0 0 g
菊池政夫 0 0 g
中山明泰 0 0 g
原島翼 0 0 g
伊藤知仁 0 0 g
熊沢健太郎 0 0 g
宮岡章仁 0 0 g
花又仁紀 0 0 g
仙波賢司 0 0 g
加藤雅史 0 0 g
坂井直樹 0 0 g
中野健二 0 0 g
本多伸英 0 0 g
赤沼敦 0 0 g
高橋裕也 0 0 g
大道勇介 0 0 g
山口敦史 0 0 g
岸順一 0 0 g
根岸裕之 0 0 g
松井陽生 0 0 g
岸本哲太 0 0 g
立川雄一 0 0 g
鈴木貴幸 0 0 g